FC2ブログ
2018年06月10日 (日) | 編集 |
今年も誕生日に旅行に行ってきましたよ、という旅行レポートです。



はい、今年もこの季節がやって参りました!

「誕生日に働きたくないから有休取って日帰り旅行に行こうぜ企画」
3回目となる今年の行き先は神戸です!
1年目伊勢、2年目京都、3回目神戸で、どんどん西進してる気がしますね。
この調子だと、次回は岡山あたりまで行ってしまうのでは……。

さて、とりあえず当日。
朝4時に起きます。
いい加減皆さん慣れてきたでしょうから、そろそろ起床時間に関するツッコミは無しにしていきたいですね。
CIMG7383.jpg
いつも通り始発(6時20分発)ののぞみに乗って、新神戸駅へ向かいます。
間違って降りる事こそありませんでしたが、京都駅に着いた時にそわそわしてしまって、どうにも脳が京都旅行に慣れ過ぎていますね。
さて、名古屋から約1時間。
CIMG7384.jpg
7時半頃に新神戸駅に到着です。
まずは、最初の目的地が徒歩で行ける距離なので、新神戸駅を出ますよ。
駅を……出て……。

どっちに行けば良いのかがわかりません。

普段、京都や東京に行く時は駅から更に電車なりバスなりに乗りますからね。
大きな駅を出て街歩きした経験が、実は少ないのです。
新神戸駅の出口は一ヶ所だけのようでしたが、そこから水脈のようにあちらこちらへと伸びている道がですね……本当に……どっちに行けばえぇねん……って感じでですね……。
幸い、地図と辺りの様子を見比べて、川の位置を基準にする事で何とか正解の道を選ぶ事ができました。
さて、改めて神戸の街です。
今回はまず、神戸の中でも特に異国情緒溢れる場所、北野へ足を踏み入れました。
CIMG7388.jpg CIMG7387.jpg
バスの標識がおしゃれ!
某ランドを思い出します。
道の風景も、何やら異国に迷い込んだような気にさせられますね。
さて、本日最初の目的地は、この北野にある北野天満神社さん。
ネットやガイドブックで調べた限りでは、比較的早くから開いているようです。
時間はもうすぐ8時といったところなので、微妙なところ。
……まぁ、人がいなくても、いつもみたいに境内色々見学して社務所が開くのを待てば良いですよね。
などと考えながら歩いていたら、目的地に到着しました。
CIMG7391.jpg
このパターンは想定してなかったわ。
時間外は境内にも入れない神社がある事は知っていましたが、実際に朝行ったら門が閉まっていたのは初めてです。
どこのとは言わないけどガイドブック、7時からと書いてあるのはまずいんじゃないですかね……?
それとも、まさか中で事件が!?
などと考えていたら近所の人がゴミ出しに出てきたので、普段何時ごろから開いているのか聞いてみました。
「大体いつも朝8時くらいに開いてますよー」
……うん、事件ではなさそうですね、安心しました。
じゃあ、8時までもう少しですし、その辺を見ながら待ちましょうか。
朝8時前でお店も施設もどこも開いていませんが、建物やブロンズ像がいっぱいで見どころはたくさんありますしね。
CIMG7397.jpg CIMG7403.jpg
名前だけ知ってた風見鶏の館がここにあると、実物を見て初めて知りました。
(いかに事前に神社情報しか調べていなかったかがわかる発言)
ぐるっと首を巡らせただけでも曲がりくねった坂道があちらこちらに伸びていて、車で通るのは難しそうだなーここからどこかへ通うのは体力要りそうだなーと思いつつ、けどやっぱり良い雰囲気なので一週間ぐらい下宿してみたいなーとか思わされます。
そうこうしているうちに神社の門が開いていたので、石段を上ってお詣りします。
ここからの風景がね、すごいんですよ。
CIMG7408.jpg
風見鶏の館を手前に置きつつ、神戸市を一望できて、更に向こうには海もちらっと見えるという。
雲っていたのがちょっと残念ですね。
晴れてたらすごく綺麗だろうな。
風景を見て、そろそろ神職の方とかいらっしゃらないかなーと思って石段を下りてみましたら、8時半頃にそれらしき方が登場。
石段を上って、関係者以外立ち入り禁止の場所に入っていかれました。
……というわけで、その方が準備を終えて出てくるのを待ちます。
待ってたら、雨が降り始めました。
それも、結構激しく。

誰だよ、今日の天気は昼ごろから雨だって言ったの。

折り畳み傘を取り出して雨を避けつつ、社務所へ行って外に出てきた神職の方に御朱印をお願いしました。
さて、それでは次の目的地へ向かいますよ。
雨が段々酷くなってきましたよ。
傘さしてるけど地図に雨が当たって段々ふにゃふにゃになっていきますよ。
これは……「こういう時スマホだったら良かったのに」と思うべきなのか、「水濡れ怖いしスマホじゃなくて良かった」と思うべきなのか。
次に向かったのは一宮神社さんという神社さんなのですが、ここで御朱印を頂く際に社務所にいらっしゃった方とも「お昼からだって言ってたのにねぇ……」と話をしていました。
ところで、この一宮神社さん。
一があれば二以降の数字もありますよね、という事で。
事前に調べたところ、八宮さんまである模様。
天照大神と素戔嗚尊が玉と剣を交換して生んだ神様8人がそれぞれに祀られているようですね。
今回はひとまず近くに固まっている三宮神社さんまで……という事で、次に向かったのは二宮神社さんです。
ここまでは迷う事もほとんど無く、比較的スムーズに辿り着けています。
二宮神社さんでお詣りをして御朱印を頂いて。
さて、次の神社さんにもスムーズに辿り着けるでしょうか。
向かったのは、生田神社さん。
恐らく、今回予定している中では一番大きな神社さんです。
地図によれば、二宮神社さんからは徒歩10分程度。
神戸の道にも多少慣れてきたかなーとか考えながら、ザクザクと歩きます。

これがいけなかった。

10分ほど歩いても、地図にあるランドマークが何も見当たらない。
これはまずいぞと感じ始めて、近くで道の掃除をしていたおじさんに道を尋ねました。
そしたら、おじさんが言うのです。
「ここからだと、口で説明するのは難しいなぁ……」
あっ、これ相当狂った方向に外れて歩いてきてるぞ。
おじさんが「ひとまず三宮駅へ行って、そこで改めて道を訊いた方が良い」と言って三宮駅への道を教えてくれました。
駅まで行きまして、さて誰に訊こうか。
あたりを見渡してみたところ、不動産屋さんがあったのでそこに入って道を訊く事にしましたよ。
(交番が無ければ次に道に詳しいのは不動産屋さんだと思ってる)
流石にこの辺りの物件を扱っているだけあって、こちらが用意した紙の地図を利用してわかりやすく説明してくれました。
ありがとう……ミ●ミニのお兄さん……。
ミニ●ニのお兄さんのお陰で、その後はスルッと生田神社さんまでたどり着けましたよ!
生田神社さんでお詣りをして、さて境内を見学して社務所に行くか……と思っていましたら、後ろから中学生と思わしき女の子が「すみませーん!」と声をかけてきました。
制服を着ていて、どうやら修学旅行中のようです。
何事かと思ったら、お詣りの際に脱いで小脇に挟んでおいた帽子を落としたらしく、拾って追い掛けてくれたようです。
神様、ちゃんと見てましたかー!?
この子に良い事特盛でお願いします!!

お礼を言って、改めて境内見学して御朱印を頂いて。
さて、次は近くにある三宮神社さんへ行きますよ。
生田神社さんから三宮神社さんまでは真っ直ぐな道と広い道が多くて、迷う事無くスムーズに移動する事ができました。
途中、横を歩いていた女性達が「あれ中華街の門かなぁ」などと言いながら生田神社さんの鳥居を指差していたのには軽く衝撃を受けましたが。
……そうか、神社に馴染みが無い人だと、鳥居と中華街の門が同じように見える場合もあるのか……。
三宮神社さんは、境内の石畳に十二支の風水羅盤みたいな物が描かれていたのが印象的でしたね。
自分の生まれ年であるネズミが一番本殿に近い場所にいたのが何かちょっぴり誇らしげだったり。
三宮神社さんでお詣りをして御朱印を頂いたところで、一旦趣向を変えます。
まずは三宮・花時計前駅まで行って、地下鉄に乗りますよ。
ところで、駅に入ったらですね。
壁に横山光輝版三国志の関羽が!
CIMG7414.jpg
後から知ったのですが、地下鉄海岸線は全ての駅に横山三国志の絵が描かれているそうです。
全部ナマで見たい……見たい……!
今から向かう場所が横山光輝さんの出身地故にできた空間だという事はわかっているのですが、それでも三宮の時点でこういうのが目に入ってくると……こう……テンション上がりますね。
ウキウキしながら、まずは駒ヶ林駅へ向かいます。
駒ヶ林駅に着いたら、まず目に付いたのがこれ。
CIMG7416.jpg
カッコ書きで「三国志のまち」って書いてある!
あと、構内で多分「鉄人28号」のテーマが流れていました。
この駅の壁にも、三国志の絵が描いてあります!
こっちは孔明でした。
ウキウキしながら突入しますよ、鉄人と三国志の街、新長田!
尚、この街のあちらこちらに三国志に登場する武将の石像やブロンズ像が建っているのですが、一部の像に「写真撮っても良いけどネットには上げないで」と書かれておりまして。
全部の像に該当するのかどうかわからなかったので、残念ですが石像の写真は上げないようにしていきます。
まずは、ツイッターで流れてくる画像を見る度に行ってみたかった中国茶と軽食のお店、Cha-ngokushiさんに行って早めのお昼ご飯を食べる事にしますよ。
お店の前に鉄人28号の胸像があって、レバーを動かすと腕が動いたりランプが光ったり、時々喋ったり。
入店する前にしばらく遊んでました。
お店に入ったらまだ開店したばかりだった事もあって他にお客さんはおらず、しばらく店長さんと談笑。
店長さん、気さくで話しやすい方でした。
……で、勢いに任せて、一昨年作った三国志小説のコピー本、渡しちゃった☆
幸い楽しんで頂けたようなのですが、本当にもう勢いだけで行動するテンションになってます。
ある程度話してから食事を注文して、待っている間店内の本棚に収められている三国志関係の蔵書を好きなだけ読ませて頂きます。
漫画も小説もそれ以外の本も。
私が知っている本も知らない本もたくさんあります。
読むというよりも、知らなかった本で面白そうな本が無いか探すような感じで本棚を眺めておりました。
……で、出して頂いたお食事。
CIMG7427.jpg

CIMG7424.jpg
ツイッターで流れてくる画像を見る度に食べてみたかった、春の曹MEN!
夏の曹MENもありますが、春の物が食べたかったのです。
曹操が、喉が渇いた兵士に「この林を抜けた先に梅林があるからそこまで頑張れ」と言ったところ、梅の酸っぱい味を思い描いた兵士は口の中に唾が湧いて喉を潤す事ができたというエピソードを元に作られたお料理なので、梅肉が載っています。
紫蘇は梅林の手前の林で、ゴマは兵士を表しているのだそうです。
鶏肉は……タンパク質を加えるために「鶏肋」モチーフで入れてみました、との事。
(鶏肋の説明までし始めると長くなるので、気になる方は各自で検索してくださいね!←横着)
紫蘇とゴマの風味が感じられて、美味しいお素麺でした。
それから、せっかくなので飲み物も……という事で華佗先生の紫蘇ジュース(炭酸)も注文してみましたよ。
CIMG7429.jpg
前日に丁度「炭酸飲みたいなー」ってなってたんですよねー。
あと、華佗先生の名前が入ってるだけでなんか健康になれそうな気がするので。
(※華佗先生は三国志に登場する名医です)
曹MENと紫蘇ジュースを美味しく頂いて、食後にちょっとしたグッズも買って、新長田のマップを頂いてお店を後にしました。
今回は魏だったから、そのうちまた行って蜀と呉の料理も食べたいなー。
お店を後にしてからは、まずあちらこちらを歩き回って石像とブロンズ像の写真を撮りまくり。
途中、ちょっと道を逸れて近くにある駒林神社さんに行きました。
「平清盛上陸の地」なんて碑があって、平家物語を読んだ事がある人間にはたまりませんね。
ここの絵馬は、鉄人28号の絵が描かれています。
部屋に飾ってみたくなる絵馬でした。
お詣りをして御朱印を頂いた後、神社を出てちょっと道を間違えてしまったんですがね。
そしたら、潮の香りがするわけですよ。
あぁ、そうか。
ここは海が近いんだ。
CIMG7456.jpg
道路越しではありましたが、久々に海をナマで見た気がします。
潮の香りをもう少し楽しみたい気もしましたが、この後も色々見に行きたいので元の道を戻ります。
戻って、向かったのはKOBE鉄人三国志ギャラリー
横山光輝さん関係のグッズとか三国志グッズがたくさん!
あと、関羽が使っていた青龍偃月刀が約50kgあったとの事で、同じぐらいの重さにしてある武器のレプリカを持ってみよう、というコーナーがありました。
あのね……10cm持ち上げるだけで精いっぱいでしたわ……。
それも、台の上に載せてあるから10cm上がったけど、地面に置かれてたら腰が入らなくてまず持ち上がらないだろうって感じです。
これを戦場で振り回してたとか、半端無い……。
流石関羽……。
ここで、何かの資料になるかも、と思って本を一冊買いました。
中国で出版された本で、オール中国語ですが。
簡体字とはいえ漢字なので、何となく何て書いてあるのかわかります。
あと、饅頭のグッズがちょいちょいあって、「こんな物まで……!」ってなりました。
(※ここでいう饅頭とは餡子が入ったいわゆるお饅頭ではありません。生贄の代わりとして、肉をこねて作った人の頭です)
本を買ったところ、お店の方に三国志の巨大ジオラマをおすすめされましたので、徒歩5分ほどの場所にあるアグロガーデンというホームセンターへ。
そこの2階で、三国志の様々な場面を再現したジオラマが展示されていました。
何これ、すごい……。
細かく作られてて、どれがどの場面なのか大体わかる……。
見ていて、三国志を改めて最初から読み返したくなりました。
あと、この階にある喫茶店にコーヒー味のソフトクリームがありまして。
コーヒーは飲めないけど、コーヒー味のアイスクリームは好きなので、食べてみたくなりましてね。
喫煙室に近い席しか座れなくて臭いが気になりましたが、食欲と好奇心が勝ちました。
コーンにしてもらって、別の場所に移動して食べれば良かったかしら……?
コーヒー味のソフトクリーム、美味しかったです。
ジオラマを見たところで、そろそろ新神戸駅へ戻る事を考えなければなりません。
時間はまだ14時半ですが、京都と比べて名古屋行の新幹線が少ないですし、誕生日という事で家で夕飯用意してもらっていますし。
そんなわけで、元来た道を歩き、今度は駒ヶ林駅ではなく新長田駅を目指します。
途中、地下に下りるとトリックアートストリートという物がありまして、虎や龍が飛び出しているように見える絵が並んでおりました。
(ネットに上げて良いものかわからないので写真は省略します)
トリックアートを見た後は地上に戻りまして、商店街を抜けますと……。
CIMG7511.jpg
原寸大の鉄人28号だー!!
高さ18mあるそうです。
めちゃくちゃでっかい!
天気のいい日に、青空をバックにして撮りたいですね、これ。
さて、鉄人28号をカメラに収めたところで、地下鉄に乗りますよ。
CIMG7531.jpg
駒ヶ林駅はカッコ書きで「三国志のまち」と書かれていましたが、新長田駅は「鉄人28号前」と書かれていました。
……ん?
ちょっと待って?
次の駅の、長田駅。
カッコ書きで「長田神社前」って書いてあるよ?
わざわざ書くって事は、結構大きい神社で、駅から近いのかな?
ちらりと時計を見ます。
14時45分。
当初の予定では、16時6分発の新幹線に乗るつもりでいます。
お土産買う時間を想定して、早めに戻るつもりでいたのです。
……1時間はあるな。
よし、行こう。
というわけで、行き当たりばったりで行き先追加です。
地図無いけど。
一駅で降りて、まずは改札を出て周辺案内図を見ます。
ありました、長田神社。
それほど複雑な道ではなく、10分ぐらいで辿りつけそうです。
案内図を携帯で撮影し、それを見ながら歩く事で辿り着く事ができました。
……ぶっちゃけ、今回の旅ほどスマホが欲しいと思った事はありません。
地図アプリ、欲しい……。
お詣りして、御朱印を頂いて。
やや足早に駅に戻って、新神戸駅へ向かいました。
新神戸駅に着いたらいつもよりは時間をかけずにお土産のお菓子を選んで買って、ホームに上ったら新幹線が来る10分ほど前でした。
間に合った……!
そんなわけで慌てる事無く新幹線に乗り込む事ができ、無事に名古屋へ帰る事ができました。
新長田、今度はもう少し余裕を持って周りに行きたいですね。
あと、今回三宮神社さんまで行ったので、四宮~八宮神社さんにも行きたいです。
……と、自分の中で再訪が決まったところで、今回の神戸旅レポートを終了いたします。
ここまでお付き合い頂きまして、ありがとうございました!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック